Care-Top

“Care Top”は、マットレスの下にセンサーを設置することにより、

ベッド上の利用者様の臥床/離床・入眠/覚醒・体動有無・心拍・呼吸などの状態を検知します。

これらの情報は、スタッフルームなどでPCでリアルタイムにモニタリングが可能です。

介護施設や福祉施設の運用におけるケアプランの改善や、スタッフの業務負担の軽減にお役立ていただけます。

活用イメージ

介護・福祉施設等で、夜間みまもり時の負担を軽減
利用者様の変化や状態悪化への迅速な対応
健康管理や予防への活用
介護度合いなどケアプランの作成に活用
各部屋の温度・湿度管理

機能

心拍

呼吸

離床

寝返り

睡眠サイクル

温度

湿度

  1. ベット上の利用者の状態をリアルタイムに検知し、モニター表示します。
    表示項目:入床/臥床・入眠/覚醒・睡眠ステージ(レム/ノンレム)・入眠時刻・睡眠時間・体動の有無・
         心拍・呼吸・部屋の温度/湿度

     

  2. 利用者ごとのアラート設定ができます。予め設定したしきい値を超えた場合、画面表示と音により通知します。
    ナースコール( 他社製 ) との連動も可能です。

     

  3. 利用者ごとの各種データについてレポート出力ができます。
     

  4. 利用者の基本情報を表示します。

モニター表示例

センサーで検知した各利用者様の状態を、パソコンやタブレットでリアルタイムにモニター表示します。

​あらかじめアラートの設定をすることで、利用者様に状態異常があった場合、画面と音での通知が可能です。

設置イメージ

マットレスの下(胸元)にセンサーを設置します。
センサーはベルトなどで固定します。

接続構成

1つのアクセスポイントに

センサーは20台まで接続可能です。

​コントローラー各部名称

※製品仕様、外観および画面表示は、改良のため予告なく変更する場合があります。

お問い合わせ

製品へのご質問や導入のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

SHINSEI LOGO-02.png

Copyright 2019 Shinsei Corp. All Rights Reserved.